FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございます!
ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 猫ブログへ

ルナ病院+α


朝6:30 体温37.8℃
ごはん+薬は食べました。元気も昨夜よりは良さそう…?
でも心配なので午前中いっしょに病院へ。

聴診してもらうと、昨日のジュリと同様、お腹が痛そうということが判明。
皮下点滴+注射1本で、30分もしないうちに声を出せるくらいまで回復しました

しばらくは消化にいいものをこまめにあげて、とのこと。
お粥とおうどんのローテのはじまり、はじまり~(-∀-`; )

帰りに近くの八百屋さんで、この時期恒例?の焼き芋を調達。


スイートポテトみたいにトロットロで甘~い、おいしい焼き芋なのです♡

去年はルーと分けっこ。
今年からは分けっこにジュリも加わるんだよな~と思うと、なんだか不思議な感じです。

20151106004.jpg
おいしくいただきました♡


それはさておき。。

先生から、「せめてルーさんが本調子になるまでジュリオとはいっしょにしないほうがいい」と言われてしましました。。
理由は、ルーが静養できないから。
どうしてもジュリのハイパーさにあてられて疲れてしまう→疲れは静養の大敵
というわけです。

先生「ルーさん入院する?そうすればゆっくり休めるよ」
わし「そのほうがいいんですかね…」
先生「それかジュリオを病院で預かるか」
わし「うーん……でもこれって今後もぶつかる問題なので、家でなんとか解決できるように考えてみます」

というやり取りをしてルーを連れ帰宅。

何をどうすればルーにとって・ジュリにとって最善なのか考えに考え……

結果、立ち入り禁止にしていた和室(れいちゃんは余裕で出入りしてますが)を開放してみることに。

出入り口には元々ゲートを設置し、ふすまは開けてある和室。
(ふすまを閉めると、れいちゃんが「開けろ~」ってガリガリするので…)

急遽近所のお店で1畳用のクッションフロアを買ってきて、トイレスペースを確保。

20151106003-01.jpg

マルチカバー+クッション+ブランケットで、簡易ですが寝るスペースを作成。

20151106002-01.jpg

20151106005.jpg
なんで和室の全体像が写ってないかって、まだ引越しのダンボール等があるからです…まだほぼ手付かずの和室……†


ルーを和室で寝かすにしても、ジュリを和室に隔離するにしても、どっちにしろ隔離した時点で鳴き叫ぶよな…と予想しつつ、最初にルーを和室へ。

すると意外なことに一声も鳴きません。出してー!も何も言わず、設置した簡易寝所でスヤスヤ。
離れると鳥のような声で何時間でも鳴き続けるルーなのに。

これは…成功、かも…?

この作戦でいけそうなら一安心。
病後のルーに静養が必須なのは解ってます。けど、そのためにジュリを追いやったりするのは違うような気がして。
ジュリだって大事な家族。ルーのためとはいえジュリをおジャマ虫のように扱うことはしたくない。
ジュリのハイパーさは、まだお子様だから仕方ないのよ…ジュリに悪気はないのよ…
でもそのハイパーさでルーがきちんと休めてないのも事実。このままだとルーはいつまで経っても良くならないんじゃ…?

そんなことをグルグルと考えてました。
なので、一時とはいえ家族バラバラになるくらいなら、和室開放くらい安いものです。畳におしっこだけは回避したいところですが…

そして和室で寝んね中のルー。
ひとりでさみしいかな…?と、それがとても気がかりだったのですが、

和室=れいちゃんの別荘(押入れ)がある部屋。

ですがいつもなら押入れ一直線なれいちゃんが、今はルーのそばで寝ています。
れいちゃんがいてくれるから、ルーも鳴いて興奮せずに安心できてるのかな…?

れいちゃん、、
やるときはやるオトコです、、かっこいいよれいちゃん。


一方、ジュリオ。

20151106006.jpg

常にハイパーなジュリも、今はまだ本調子ではないです。
ソファでスヤスヤ。
お母ちゃんとマンツーになったことについては特に気にしてない様子。


ルーの様子を、起こさないように出入り口からこっそり覗きつつ、、
これでうまくいってくれたらいいなあと願うばかり。

スポンサーサイト

いつも応援ありがとうございます!
ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 猫ブログへ
Category: LUNA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。