FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございます!
ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 猫ブログへ

毎年恒例の。


今日の午後はルーと出勤。

20160311001.jpg

気持ちよく寝てた娘を起こし、いざゆかん!


いつものオゾン治療に加え、今日は毎年恒例のフィラリア投薬前の血液検査をしてきました♬

うちの病院では検査項目数別に何コースか用意してます。
んでルーは毎年いちばん項目数の多いコース。今年ももちろんそれです(^-^)

ほんとはワンドックも一緒にやりたいんだけど、
先生にそれ言ったら、

「ルーさん毎週来てるし検査もちょくちょくしてるし(エコーはよく撮ってる。先生の診断練習兼ねて診てもらってますw)お金もったいないからいーんじゃない?」

とw お金もったいないからってw
お財布の心配までしてくれるうちのボス…やさしいw

言われてみれば、確かに。
血検もなんだかんだ定期的にしてるし、エコーもやってる。やってないのレントゲンくらいかな?(そのうちレントゲンは撮りたい)


まあそんなこんなで、今年も血液検査をお願いしました

採血はスムーズに終了。さすがルナ。
微動だにせず、さらっと終わっちゃいました。

で、ついでに眼も診てもらいました。
眼底チェックは去年12月にやったきり。どうなってるかドキドキ…。


結果は、

白内障 再発

確かについ先日、
「最近濁りが増した気がする」
なんて言いましたが…気のせいじゃなかったのね…


そして、それだけならまだしも、左眼に異常事態。
右眼はなんともないのですが、左眼に謎のモヤモヤが出現してました。。

謎ってなんだ?って、謎としか言いようがないのです。
眼の症例だったら相当数診てるはずの先生も「珍しい症例」と。

眼底カメラでもふつうのデジカメでも撮影が難しい、謎の物体X。
眼底カメラ覗かせてもらうと、確かに変なモヤモヤが確認できました(!)

曰く、眼底は見えてるから奥じゃなさそう。手前(角膜)でもない。

消去法で考えると、水晶体。
稀に、水晶体が融解してしまうことがあるそうです。
もしかするとルーの物体Xもそれかも…?

水晶体が飛び出ちゃった症例は実際いくつか見ましたが…
融解って。
溶けちゃうこともあるのか…おそろしい…


20160311003.jpg
ジュリの眼。これがふつう。


20160311002.jpg
ルナの眼。再発した白内障+核硬化症もあり、真っ白。


物体Xの正体は謎のままですが、とりあえず点眼しつつ、
来週の通院時にもう一度検査してみることになりました


そして白内障が出てきてしまったので、帰宅後、簡単にですが現状どの程度見えてるのかチェック


✿チェック方法✿

①障害物(ゴミ箱やそのへんにあるものでOK)をてきとーにリビングや廊下に置きます
②障害物を置いた先からルナを呼びます
③障害物を上手く避けて来たらOK(見えてる)、障害物の前で立ち止まったり、ぶつかったまま困惑したり、上手く来れなかったら見えてないor見えにくい
④これを『明るい所』『薄暗い所』の両方試してみます

簡単ですが、これがいちばんわかりやすいです。

そんでルーちゃん。
明るい所でも薄暗い所でも、両方サクサク障害物を避けてわたしのところへ駆け寄ってきました♬
ひとまず、よかったε-(´∀`*)ホッ 日常生活に支障出ない程度には見えてそうです。

それにしても…ルーはほんとうに左眼が弱いねえ…(´・_・`)
網膜萎縮も酷いのは左。今回も左。


ルーちゃんだけならまだしも、今日はもうひとつ。

先日のジュリの検査(抗核抗体・クームス試験・リウマチ因子)、まだ正式なものは届いてませんが、FAXで結果がきました。

結果は、抗核抗体検査・クームス、双方陰性!っしゃ!!
が、しかし…

リウマチ因子 陽性

…でちゃいました、陽性。
ショックです…が、これで原因が判明しましたし、スッキリしたといえばそう、かな…?

ただ、これで今までの症状など色々の説明がつきます。
ジュリの場合外には出ず内側に出ちゃってるみたい。今んとこ確認してる症状すべて内部だからね。

ショックはショックです。が、
原因がわかれば対応策も立てられるというもので。

さっそく先生が色々考えてくれるそうなので、お任せしました。
(曰く「やり方は色々ある」そう。むしろありすぎて組み合わせに迷う、とw)

ジュリの年齢・長期戦 ということを踏まえ、考えてくれるそうです。
ほんとうに心強い…腕のいい先生が身近にいて、うちの子たちの主治医をしてくださっていて、ありがたい限りです…。


そんな先生より、

君んちの動物たちはなんでこういう奇病というか、一癖ある、一筋縄じゃいかないような病気ばっかり罹患するの?
もう僕、(治療法や対応策を)考えすぎて頭痛いよ!

とのお言葉をいただきました(´-∀-`) ※もちろん身内の会話ですので冗談交じりです

「いやいや健康を願ってますよ!? 健康がいちばんだと思ってますよ!?」

と返しましたが、先生のお言葉に全力で同感です。
ほんと、ふたりして…なんでこう厄介な病気、手探りで治療法を探っていくしかない病気ばかり罹患するのでしょうか…


まあ、これもルージュリの運命ですね、きっと。
あまり悲観せず、気長に付き合っていきます(;´∀`)
悲観的になったらそこで終了な気がする

スポンサーサイト

いつも応援ありがとうございます!
ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 猫ブログへ
Category: LUNA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。