FC2ブログ

ルーさんのニガテなもの


昨日はいつもの治療と一緒に狂犬病ワクチンを打ってきました

例年通り、まったく動じなかったルーさん。
多くのわんにゃんが嫌がる病院もまったく嫌がらない、むしろすき。先生の足元でスヤスヤ眠れるくらい先生もすき。
注射も採血もレントゲン検査もエコーもなんでもござれ。

キャリーも大好き。



キャリーを持ってくるだけで目を輝かせて、一目散に中へ入る。し、「今日はお出かけしないよ!」と言っても出てこない。どんだけすきなの!?

錠剤もカプセルも手のひらに乗せて「よし!」でペロリ。薬だと思ってないんだろうか…
顆粒もお粉も得意。お薬関係での苦労はまったくない。
電車も車もオールオッケー。
食べ物・生き物の好き嫌いも皆無。人見知りなんてしたことがないし、なんだって食べるし、誰とだって遊べるし、なんかもう毎日ハッピーそう。


彼女が苦手なことはないんだろうか……


よくよく考えずとも、ありました。ひとつだけ。

犬 舎 。


ほんっとに、これだけはダメ。
まだ手のひらサイズだった仔犬の頃サークルを使ってましたけど、ここまでヒドい拒絶はしてなかった…とおもう。

同伴出勤した時、わたしの仕事中は犬舎に入っててもらうんですが、その間ず――――――――っと鳴きっぱなし。ギャン吠えというより鼻鳴きで、なんかこう…南国の鳥みたいな声で鳴き続ける。
普段静かなコだけにギャップすげえ…というか。

患者さんがいない時は先生が(気を使ってくださって)院内でフリーにさせてくれるんですけど、犬舎から出てしまえばひと声も出さずニコニコゆったりできるのですが…

ちょっと分離不安の気があるのかな…?
でも犬舎だけなんです。いつもいつもべったりしてるわけじゃないし、ましてわたしは週6で出勤なので留守番をお願いする日のほうが圧倒的に多い。でも毎日なんてことないですし、そんな状態になるのは犬舎だけ。

留守番はまったく苦にならないようなので、やっぱり犬舎が苦手なんだとおもいます。

超絶苦手な犬舎をどう克服するか。
今後の課題です。

スポンサーサイト




いつも応援ありがとうございます!
ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 猫ブログへ
Category: LUNA

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する